H.I.P HAYASI INTERNATIONAL PROMOTION

LIVE REPORT

predia

predia party

2015.05.06 wed 新宿BLAZE
open 17:00 / start 17:30

最高の大人アイドルが魅せた2時間半!
汗と涙と喜びに満ちたbig party

10人組大人アイドルグループpredia初のツアーファイナルが5月6日、新宿BLAZEにて行われた。800人キャパの会場は超満員。見事、ソールドアウトである。そして、10人はその場に詰めかけたファンの期待に応える、素晴らしいpartyを繰り広げた。

 モノトーンの衣装で統一したメンバーが現れ、最初に披露したのは「美しき孤独たち」。クールな楽曲で、メンバーの表情も一様に引き締まっているが、今日という日を迎えた喜びを抑えきれず、思わず破顔しているのがかわいい。そして、目まぐるしくフォーメーションが変わる「Crazy Cat」、息ぴったりのユニゾンが最高に痺れる「夜想曲~赤い残り香の誘い~」と連続で披露した後、今日最初のMC。ここで林弓束から本公演のソールドアウトが告げられると、フロアから大きな歓声が上がった。

 続いてのブロックでは、一転して明るめな「BABY KISS」などを歌い上げ、テンポよくpartyは進む。メンバー全員の歌唱力の高さが大きな魅力になっているprediaだが、村上瑠美奈と湊あかねのツートップによるコンビネーションが素晴らしい。村上は色気のあるR&B系のボーカル。一方、湊はストレートでキレのあるボーカル。この二声を中心に、他のメンバーが入りかわり立ち代わり絡んでいく様は圧巻だ。声援を送るのを忘れ、ついつい見入ってしまう。昨今のアイドルシーンにおいて、歌唱力はそこまで求められていないフシがあるが、だからこそprediaは強烈な存在感を誇っているのだ。

 彼女たちの場合、パフォーマンスとMCのギャップが激しいのもたまらない。奈良出身の松本ルナが堂々たる一発芸でドンズべったかと思えば(岡村明奈がキュートにフォロー)、グループ一の食いしん坊・林が床をドンと踏みつけると、会場が一体となって跳び上がったり、関西チームがいい具合に会場を温める。こんなところもまた彼女たちの魅力だ。

 partyの中盤、村上と湊の2人よる「one more yesterday」では、鳥肌モノの歌声で魅了したかと思えば、次の「シルキーレイン」では、桜子、水野まい、林がボーカルに加わり、残りの5人が椅子を使ったパフォーマンスで視覚的にも楽しませた。

 感動的な場面もあった。「インディーズ時代にすごく悔しい思いをした場所」だという新宿BLAZEを満員に出来たことを嬉しく思う、と話した青山玲子が、「You’re my Hero」が始まるとこれまでのことを思い出したのか、思わず涙ぐんでしまった。そんな彼女にさりげなく隣から手を差し出し、優しい表情で見守る岡村。そして、中央で必死で涙をこらえながら歌う湊の姿にはかなりグッときた。

 終盤では8月26日にリリースされる新曲「満たしてアモーレ」を披露し、ここから一気にラストスパート。青山と桜子が曲中でふざけてキスを交わした「Dream Of Love」では、湊が見事なファルセットで歌いきり、この日一番の笑顔を見せたところで本編終了。

 大音量のprediaコールに呼び込まれ、白のツアーTとデニムというラフな格好に身を包んだメンバーが再び登場。「みんながいるからここに立てています。本当にありがとうございます! でも、私たちはまだまだ上を目指しています。壁をぶち破っていきます。これからもprediaに付いて来てください!」と青山が熱く呼びかけると、ファンは大きな拍手で応えた。そして、そんなMCを見越していたのか、最後の「きみみたいに」では大きなサプライズが。曲タイトルを告げ、メンバー全員が後ろを向くと、壁に“緊急告知”の文字が浮かび上がる。動揺しまくる10人をよそに告げられたのは、8月22日から始まる「tour 2015 Vol.2」、7月4日にキネマ倶楽部で開催される対バン企画「ATTACK」、そして……12月29日Zepp Tokyoでのワンマンライブ…!泣き崩れたり、飛び跳ねたり、ぞれぞれの形で喜びを爆発させる10人。そして、そんな彼女たちを大きな拍手と大声援で祝福するファン。なんとも感動的なサプライズとなった。

 最後は改めて「きみみたいに」を披露し、「最高の大人アイドルは?」「predia!」のコールアンドレスポンスで大団円。最後に「みんなでZeppに行こうね!」と呼びかけた水野まいの声は、大きな希望と喜びに満ち溢れていた。prediaの2015年はきっと飛躍の一年になるだろう。

[TEXT by DAISHI “DA” ATO]
[PHOTO by YUJI HONDA]



PAGE TOP