H.I.P HAYASI INTERNATIONAL PROMOTION

LIVE REPORT

BUZZ-ER.

BUZZ-ER. 4th ONEMAN LIVE @Zepp Tokyo

2021.4.2 fri. Zepp Tokyo
open 18:00 / start 19:00

「俺らはどこへだって行ける!」
笑顔と涙溢れた2年ぶり念願の東京ワンマン

7人組メンズダンスボーカルグループ、BUZZ-ER.の、約2年ぶりとなる東京でのワンマンライブ[BUZZ-ER. 4th ONEMAN LIVE @Zepp Tokyo]が4月2日(金)に開催された。
メンバーもファンも待ちわびていたであろうこの日のライブ。ガイドラインに従った動員での開催ではあるが、チケットはソールドアウトし会場は満員。開演前の客席からは、高まる期待とかすかな緊張感が入り混じる独特な空気が漂い、このライブがいかに特別かを物語っているようだった。

定刻通りに幕開け。“帰り道 笑い合いながら 夢を語り合ったね”……モニターに映し出されたのはメジャーデビューシングル『サクラエビデンス』の一節。ライブの一曲目を飾るのは、彼らのはじまりであるこの楽曲だ。白を基調としたきらびやかな衣装を纏い、爽やかなパフォーマンスで会場を春色に染めていく。

ここからは、いきなり圧巻のノンストップパフォーマンス。メロウなダンスナンバー『IDENTITY』や妖艶な歌とダンスで魅せる『Beautiful Night』、力強く男らしい『DAWN』と、楽曲ごとにさまざまな表情を繰り出し見る者を魅了する。
『B>EVOLUTION』では客席を煽りまくるメンバーに、ファンもペンライトをくるくると回して応戦!なによりも彼らが心からライブを楽しんでいるのが伝わってくる熱のこもったパフォーマンスに、見ているこちらも気持ちを揺さぶられずにはいられない。“we are BUZZ-ER.”と歌い上げる彼らと共鳴するように、会場のボルテージが一気に上昇していく。
新曲の『愛言葉』は、メインボーカルのCHIBAとSHUNによるハーモニーが切なくも美しいラブソング。続けざまに『Love Sick』『Raise Me Up』を披露し、時にエモーショナルに、時にキュートにパフォーマンス。ガイドラインにより観客は声を出せないものの、それを感じさせないほど力強く“Hands UP!”している姿が印象的だった。
次の楽曲は、この日が初披露となる新曲『RUN』。ステージ上のモニターには、この曲のセンター決めの様子が映し出される。これまで楽曲イメージなどに合わせてセンターを選出してきた彼らだが、今回の方法は、なんとジャンケン!白熱のジャンケンの結果と、気になるセンターが誰になったのかもこの場で初お披露目というわけだ。
映像が終わり再びステージ登場した7人。そしてセンターに立っていたのは、KOHEY!彼にとって初のセンター抜擢ということもあり、客席からは拍手とどよめきが沸き起こっていた。

ユニットパートではではSHALF、KOHEY、YUYAの3人が『DANCE Number』でキレのあるダンスを、CHIBA、SHUNの2人が『Still in love』をこの日だけのスペシャルアレンジで披露し、甘い歌声で会場を魅了する。ハットをかぶったSAKU、HAUが登場すると、『ヘルプミー!』がスタート。最後は全員がステージ上に再集結し華やかに踊り、歌い上げた。
『エビハニGo!!!』では、ステージ上に巨大な白幕が登場。メンバー全員が曲中の生着替えに挑戦するという遊び心たっぷりの演出でパフォーマンス。途中、セクシーな状態でチラリしてしまうハプニング(?)もありなつつ、なんとか全員が衣装チェンジ成功。学生風のブレザールックに着替えると、『ブザービーター』『GO MY WAY』と、爽やかでアイドルらしい楽曲を披露した。

前半の艶っぽい楽曲たちから一転、ステージ上にはかわいいが大渋滞。さらにMCでは疲れを一切感じさせず全員ハイテンション。息の合ったボケ&ツッコミで笑いを誘う。
一体彼らはいくつの顔を持っているんだ?と、戸惑ってしまうほどの振り幅の大きさは、BUZZ-ER.の最大の魅力と言っても過言ではないだろう。
そんな振り幅の大きさは、幕間の映像にまでいかんなく発揮。怪しげなテレビショッピング風でライブグッズや新曲『S.R.R』をレクチャーするVTRは、異様なまでにハイクオリティ。というのも、彼らの公式YouTubeチャンネル内で配信しているレギュラー番組[BUZZ-ER.のなんもでねぇよ!]では、さまざまな企画にも挑戦している7人。バラエティスキルの高さは、そんなマルチな活動で鍛え上げられているのかもしれない。
踊れて、歌えて、笑いも取れる……恐るべしBUZZ-ER.。と、感動しているうちにライブはいよいよ後半戦に突入。客席も一体となって楽しめるゴキゲンなナンバー『S.R.R』から『CATCH THE DREAM』まで、6曲ノンストップの怒涛のパフォーマンスを繰り出し、会場を盛り上げた。

手拍子によるアンコールで再びステージに戻った7人は、初期の頃に着ていた懐かしい衣装にチェンジ。『HONEY>BEAT』、新曲『ミチシルベ』を歌い終えると、一人ずつファンへの想いやメッセージを語った。
CHIBAは、沢山のことがあったと2年間を思い返しながら「こうして大好きな音楽を、大好きな仲間と大好きなお客さんと一緒にできていることを噛みしめて、これからもやっていきたい」と決意を新たに。YUYAは「ファンのみんなのお陰で僕たちは輝けると思う。これからもBUZZ-ER.のそばにいてください。大好きです」とファンへの気持ちを真っ直ぐな言葉で伝えた。
「僕たちも皆も環境が変わったなかで、BUZZ-ER.のことをずっと待っていてくれてありがとう」とKOHEYが感謝を伝えると、リーダーのSAKUも「こんなに素晴らしい景色を見れたのは皆さんのおかげ。これからも僕たちについてきてください!」と力強く語りかけた。
最年少メンバーのHAUは、喋り出した途端に号泣。「ここに立てるのは当たり前じゃないから……みんなが大好きです!」と目にいっぱい涙を浮かべながら伝えた。
SHUNは活動ができなかった期間を振り返り、「正直、下を向いてしまったこともある。でも、今日ライブに来てくれたあなたがいてくれたから7人でZeppに立てた。まだまだ叶えたい夢がたくさんあるので、もっと高みを目指して頑張りたい」とファン一人一人に語りかけるようにやさしく、力強く語った。
また、SHALFは事前に用意した手紙を読み上げ「俺には家族と呼べる大好きなメンバーがいます。正直このメンバーじゃなかったらここまで続けられなかった。改めて、一緒に頑張ってくれたメンバー、ありがとう。そして変わらず応援してくれいるファンのみんな、ずっとBUZZ-ER.を愛してくれてありがとう」と涙ながらに感謝を言葉にした。

「Zeppありがとうございました!この7人で立てたことは一生忘れません!」
そうYUYAが叫び、感動に包まれる会場に響くラストナンバーは『サクラエビデンス』。結成初期から歌い続けている彼らの代名詞ともいえる大切な曲を再び披露し、ステージはフィナーレを迎えた。
さらに終演後には、集まったファン一人一人をメンバー自らがお見送り。感動の涙で締めくくったライブから一変、笑顔で手を振るどこまでもファン想いでサービス精神旺盛な彼らの姿に、会場中が幸福感に溢れていた。
全28曲、圧倒的なパフォーマンスを見せつけてくれたBUZZ-ER.。この日のステージで彼らは、所属事務所を離れ独立することを公表。さらに冬には、グループ史上最大規模の全国7大都市ツアーの開催も発表された。
今年5周年イヤーを迎える7人にとって、この日のライブは間違いなく次なるステージへの大切な第一歩となっただろう。BUZZ-ER.が日本中を巻き込み“バズる”未来は、もうすぐそこまで来ているかもしれない。

[TEXT by 日笠麗奈]
[PHOTO by Mayumi Shokei]


PAGE TOP