H.I.P HAYASI INTERNATIONAL PROMOTION

ゴールデンボンバー

ゴールデンボンバー

クリスマスライブ〜聖夜の賛美歌〜

LIVE SCHEDULE

201812.24mon Zepp DiverCityMAP

open 15:00 / start 16:00
1F立見 / 2F指定 ¥5,940 (税込・ドリンク代別途必要・整理番号付)
※枚数制限:お一人様1枚まで、同行者が会員の場合のみ2枚まで
※第2希望まで席種選択可
※3歳以上チケット必要
※指定席は3歳未満のお子様は大人1名につき1名まで膝上に限り無料(座席が必要な場合は要チケット)
※開場前に本人確認実施 <顔写真付きマルキン会員証+チケット>


(問)マルキン 03-3447-3534
□主催:マルキン
□企画・制作:Euclid Agency Inc. / Siren Enterprise Inc.
□協力:H.I.P.

ARTIST PROFILE

ゴールデンボンバー

2004年にボーカル鬼龍院翔とギター喜矢武豊を中心に結成。
結成当初は楽器を演奏していたが、喜矢武豊の演奏があまりに下手だったという事と、耳だけでなく「目」でも楽しめる音楽を追求した結果、パフォーマンスを取り入れた現在のエアーバンドという形となった。エアーバンドの為、基本的にボーカル以外のメンバーは、楽曲に合わせ楽器を演奏する「フリ」をしている。その代わりにライブではメンバーによる様々なパフォーマンス(ダンス等も含む)を行っており、そのパフォーマンスが魅力の一つでもある。

キャッチコピーは「うまい、早い、安い」。
2010年にメジャーレーベル7社からメジャーデビューのオファーを受けたが全て断っている。そのため、現在でもメジャーレーベルと契約をしていないいわゆるインディーズである。
バンドコンセプトは「ハイパー・ギガ・ハイブリッド・スーパー・サブカル・ハイパー・スーパー・ビジュアル・ロック」。

音源楽曲の演奏は、主に「中の人」とされるeversetのギタリスト・tatsuoである。使用しているロゴはフジテレビの『ゴールデン洋画劇場』のロゴと酷似しており、鬼龍院自身もブログで言及している。メンバー4人全員が各々個性的なパフォーマンスをライブ・テレビに問わず披露しており、奇をてらった発言(音楽に興味がない/演奏できない)をしている。稀にライブで実際に楽器を演奏することもあるが腕前は壊滅的で学園祭レベル以下と本人たちも語っているほど下手である。

INFORMATION

※FCのみの販売になります。

MOVIE

PAGE TOP