H.I.P HAYASI INTERNATIONAL PROMOTION

ユネスコ世界遺産条約採択40周年記念 クロージングコンサート
日本・ユネスコ世界遺産条約参加20周年
国連機関UNESCOパリ本部任命 ユネスコ平和芸術家
城之内ミサ

ユネスコパートナーシップ事業
世界遺産トーチランコンサート
IN TOKYO JAPAN


LIVE SCHEDULE

201212.25tue 大田区民ホール・アプリコ 大ホールMAP

open 17:30 / start 18:30
全席指定 ¥3,000 (税込)
※2,000円を世界遺産保護、危機遺産修復のためにユネスコ本部世界遺産センターに寄付いたします。
(問)H.I.P. 03-3475-9999


□主催:NPO法人ユネスコパートナーシップ世界遺産トーチランコンサート協会 / ユネスコ世界遺産センター
□後援:大田区教育委員会
□協力:学校法人三室戸学園東邦音楽大学付属東邦中学高等学校 / (株)アワーソングスクリエイティブ / (株)ベストプランニング / デジタルハリウッド / 日本クラウン(株)
□制作:(有)Waltz / (有)ホット・ウェイブ

ARTIST PROFILE

【城之内ミサ】
東邦音楽短期大学作曲楽理専攻在学中より映像音楽作曲を手がけ、「3年B組金八先生」「毎度おさわがせします」、ベストセラーとなった安部譲二氏著書「塀の中の懲りない面々」、「日曜東芝劇場」秋元康監督の映画「マンハッタンキス」、文化庁芸術祭参加作品など、数々のドラマ、映画、映像の音楽や主題歌を手掛ける一方、ニュース番組「TBSイブニング5」のテーマ曲やCM音楽など担当。 99年年よりアジアの音楽を手掛け自作アルバムは欧米諸国でアルバムチャート上位にランクイン。海外に於いては自ら主宰する「城之内ミサ・世界遺産トーチランコンサート」が五大陸で各国のオーケストラ、奏者との共演で、チャリティコンサートや日本と各国を結ぶ記念事業コンサートを実施し再演の呼び声も高い。今後もユネスコ パリ本部のメッセンジャーとして世界でも期待されているアーティスト。

【世界遺産トーチランコンサートについて】
「世界遺産トーチランコンサート」とは、カナダ在住の中学生の想いから生まれたコンサート・タイトルです。

ミサが日本カナダ修好75周年記念コンサートをトロントで実施した時、終演後に14歳の少女が楽屋を訪れ、「文化や宗教、言葉を超えて、ミサの音楽作品と演奏は人の心に感動を呼び起こし、平和な気持ちを与えてくれる。私が感じたことを世界中の人に分けてほしい。聖火リレーのように、様々な国や地域で、その国の奏者とミサの作曲した音楽を奏で続けてほしい」という言葉をいただきました。ミサの創り出す音楽からは、いにしえの場所の鼓動や土の匂い、風の音、その場所で暮らす人々のいとなみさえもが聞こえてくる音楽であり、民族楽器も取り入れ、世界遺産場所でのコンサートも行ってきたことから、『世界遺産トーチランコンサート』と名付けたのです。

ミサは、これまでも自作曲でニューヨーク・カーネギーホール「城之内ミサ・スマトラ沖大震災チャリティコンサート」や、ユネスコ本部大ホールで「イラク戦争・アラブ音楽院救済チャリティコンサート」、「日中国交正常化30周年記念」での中国ナショナル・フィル、日本政府楽器無償援助記念公演でのマケドニア・フィル、ペルー交響楽団やベネズエラ・ユースオーケストラ等との共演でピアノと指揮を担当し、その他、国際貢献実績により、ユネスコ平和芸術家に任命されました。このコンサートはNPOとしてユネスコ本部とパートナーシップ締結となり、今後も更にユネスコのメッセンジャーとして活躍してまいります。

心の平和とは、他者(愛する人、場所、あるいは世界遺産や動物、自然、存在する全てのもの)、つまり、自分以外のものに思いを馳せること、目覚めることを、そっと後押ししてくれるものかもしれません。世界遺産保有国、保有していない国であっても、このコンサートを通して、物、者への存在を慈しむ心と畏敬の念を感じていただき、それぞれの方の心の平和の礎(いしずえ)に繋がってほしいと願っています。一人一人の優しさは、やがて何かに繋がり、美しい心と地球を残すための力となってくださると信じています。『世界遺産トーチランコンサート』とは、ミサだからこそ出来ることであり、『トーチ』とは、これらの思いを込めて作り続けているミサのオリジナル楽曲、そのものなのです。

一般発売チケット

プレイガイド一般発売日 9.30 sun
EPLUS
LOWSON ID74710
PIA 0570-02-9999
ID182-660

先行発売TICKET

ただいま先行発売中のチケットはありません

PAGE TOP